医療がサポートするメディカルフィットネス…スポーツ選手から生活習慣病の予防まで

医療とフィットネスの融合で健康の身体づくりを応援します!
アスリートの方

基本の考え方は通常の運動療法と同じです。

心疾患の患者さんは、ともすると安静が第一と考えがちです。
このため下肢筋力などがさらに低下し、益々活動度が低下してしまう可能性があります。
心疾患では、心臓の予備能力はある程度減っていますが、下肢筋肉には問題がありません。

一般にその人の運動能力は、心機能と下肢筋肉の能力との掛け算と考えることができます。

心機能×下肢筋肉の能力

正常で運動能力のある人は、心機能、下肢骨格筋の能力の予備能はそれぞれ3~4倍くらいあります。

さて、心疾患で心臓の予備能力が2倍くらいに低下した人でも、リハビリ運動療法で下肢筋肉の能力を増強できれば、体全体としての運動能力を上げてあげることが出来、日常生活を一般の人と遜色なく行うことが可能となります。

心疾患の患者さんの運動療法も程度の差はありますが、基本の考え方は通常の運動療法と同じです。


NASAでは
心疾患の程度にあわせて(CPXなど利用)、持久力アップ、体幹部の筋力アップさらにスムーズに体移動を行えるよう運動指導をおこなっております。
  • CPX:心肺運動負荷試験,呼吸代謝テスト
入会について
目的別にみる
生活習慣病の方(高血圧・糖尿病・高脂血症・メタボ)
心疾患
ロコモ
マラソンを安全に走る
美しく痩せる
アスリート
オーバートレーニング症候群
CPX
パワープレート
長崎内科クリニック
サッカー関連情報
ロアッソ熊本

PAGE TOP